旅行先で助けになる!旅に行くときにスマホやタブレットに入れておきたいアプリ

地図アプリを使うときは必ずGPSをオンにしよう

スマートフォンやタブレットは日常生活だけではなく、旅行先でも重宝するツールです。これらの機器はアプリをインストールすることで機能を拡張できますが、旅行のときに入れておいた方がいいアプリにはどのようなものがあるでしょうか。まず、地図アプリを入れておきましょう。というのは、旅行先では道に迷ってしまうことが少なくないからです。特に夜の繁華街は場所の区別がつきにくく、結局、お目当ての店に行くことができなかったということがよくあります。地図アプリを使うときに重要なのは必ずGPS機能をオンにしておくということです。GPSはバッテリーの消費量が激しいため、デフォルトでオンにする必要はありませんが、地図アプリを使うときはオンにしておかないと現在地を割り出すことができません。

バスがなくなった時のためにタクシーを呼べるアプリを

また、電車の乗り換えに関するアプリも入れておきましょう。この際、宿泊先の最寄り駅をよく使う駅として登録しておくと便利です。バス会社からも時刻表が見られるアプリが出ていることがあるので、旅行先で走っているバス会社のアプリがあったらインストールしておくといいでしょう。タクシーを呼べるアプリも入れておくと、困ったときに便利です。観光地を走っているバスは、時間帯によってはまったく来なくなることもあるので、その時間まで観光地にとどまっていると帰るのに時間がかかることがあるのです。タクシー会社には縄張りのようなものか存在し、客がいる場所によって呼べるタクシーが違い、旅行客はどの会社に電話をすればいいのかという判断ができないため、アプリを入れておくのがいいわけです。

世界旅行博

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です