四季のある国ならでは!季節ごとの花に触れる旅に出よう

春夏に楽しめる花~桜、紫陽花、向日葵

四季折々の自然を楽しめるのは、日本に暮らす醍醐味です。季節ごとに咲き誇る花の名所と呼ばれる場所が、各地にあり、花の盛りには多くの人々が訪れます。春の花といったら、何といっても桜です。川沿いに咲く桜、古い町並みに溶け込む桜、山奥に咲く桜、と色んな場所を彩る桜を愛でることができます。雨の多い6月は、外出が億劫になりがちなシーズンですが、各地でこの時期ならではの紫陽花を楽しむことができます。お寺や神社で紫陽花を育てているところも多く、建築物の落ち着いた佇まいと表情豊かな紫陽花の織り成す景が、美しく心に刻まれます。梅雨が明ける頃には、向日葵が咲き誇ります。ひまわり畑を観光の目玉にしている場所もあり、ひまわりの種やひまわり油を使った特産品なども販売されています。

秋冬に楽しめる花~コスモス、寒牡丹、梅

秋の代表花として知られるのが、コスモスです。日本では「秋桜」と呼ばれるように、花弁が桜の花に似た、愛らしい印象の花です。女性を中心に人気のある花で、9月の連休中などには、各地のコスモス畑が多くの人々で賑わいます。ピンクのほか、黄色やオレンジなどの色合いもあり、一面にコスモスの咲く風景をバックに撮る写真は、旅行のよい記念となることでしょう。雪の降る季節になると、白い雪に映える寒牡丹が見られるようになります。花の少ない季節に咲く心温まる色合いの寒牡丹は、お寺や神社の境内などにもよく植えられいて、初詣の際に愛でられることもあります。春が近づくと、梅の花だよりが届くようになります。桜と同様、日本で古くから親しまれてきた花で、梅まつりなども開かれます。花の時期に合わせて旅行をすると、旅行の思い出に彩りを添えることができますよ。

余暇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です