コストを抑えてトラブルも生まないようにするおみやげの買い方

会社の同僚に買うおみやげはおかしが無難

旅行に行くと周囲の人に告げてしまっている場合、問題になるのはおみやげをどうするかです。自分が旅行に行くと知っている人、全員に買ってきた方がいいのか、それとも家族や友人など、特別親しい人にだけ買うか、あるいは誰にも買わないかを選ばないといけません。コストを考えると親しい人にだけ買ってくるのが一番いい方法ですが、会社の同僚に買ってこないのは角が立つと考える場合は、個人に対してではなく部署全体に行き渡るようなお菓子を買ってくるという手もあります。また、旅行に行くと告げると、旅行先でこちらが言うものを買ってきてほしいと頼んでくる人がいますが、どのように対応をすればいいのでしょうか。まず、トラブルを避けたいのであれば断るという方法があります。

旅行先であれを買ってきてと頼まれた場合の対応

旅行先で物を買ってきてほしいと頼まれた場合のデメリットとして、すぐに代金を払ってくれなかった場合、請求しなければならないのが億劫、あるいは頼んでいた物と違うなどとクレームを入れられるといったものがあります。こういったトラブルを回避するためには適当な理由をつけて買えないといった方がいいわけです。ただ、断ると角が立ちそうな場合、前払いにしてもらうのがいいでしょう。もちろん、実際に売り場へ行かないと正確な値段はわからないので、だいたいの金額を調べてもらい、お釣りが出るぐらいのお金を渡してもらうのが安全です。また、現地で購入したことを証明するために、スマートフォンで商品と値札を撮影したり、あるいはムービーで購入までの一連流れを撮影しておくのもいいでしょう。

タビマスターズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です